ホーム > 音楽 > 買い損ねた本

買い損ねた本

どうしても探して、見つけて読みたい本があります。「稲垣足穂」という人の作品を集めた「神戸年代記」という本です。大学時代にはよくいく繁華街酢の大きな本屋の片隅にいつも埃をかぶっておいてありました。あまり誰かが触って読んだ後もないようで、ずっとここにあるから大丈夫だろうと思い続けていました。  しかしある日その本屋に行ってみるといつもの場所に本はなくなっていました。どうやら「絶版」されてしまったようで、あちこちの本屋を見て回っても見つけられませんでした。  今までは安心していたのですが、いざ無くなってしまうとやたらと「買っておけばよかった」と悔やんでばかりの毎日です。ネットで探してみましたが、地元の古書店にはなかなか出回ってはいないようです。そうなると逆に余計に悔やまれてしまい、何が何でも手に入れたいと思うようになりました。  稲垣足穂という人は関西出身の幻想文学というちょっと変わった領域の作家でしたるその人が「神戸」という私の地元を中心として描いた作品が集められた作品集で、表紙もちょっと「サイケデリック」で「神戸らしい異国情緒」を思わせるようなしゃれたつくりの本だっただけに、余計に今悔やまれています。  京都や東京のように、大きなか古書店街があればいいのですが、そういうものもない神戸で、今は悶々としていることの多い毎日です。 家出人捜索願い 福岡

関連記事

買い損ねた本
どうしても探して、見つけて読みたい本があります。「稲垣足穂」という人の作品を集...
除毛スポンジ
私のワキの悩みは 夏場になるとワキをそらないといけなくなる。わき毛がはみ出したま...
テスト
テスト記事です。...